Blogブログ

ご予約

reservationご予約

電話予約
075-585-5899

定休日 /土曜午後・日曜日・祝日
受付時間/9:00〜19:30(土曜は14時まで)

× CLOSE
SNS

コーヒーって身体にいいの?

コーヒー好きな方も多いと思います

そして身体に良いって聞いたことありませんか??

『カフェイン・目が覚める』がメジャーなイメージでしょうか。

そこで、身体にどんな効果があるのか少し掘り下げてみました

 

覚醒作用
コーヒーのカフェインには、覚醒作用があります。朝に目覚めの一杯や眠気をさますだけでなく、脳を活性化させるため集中力アップの効果も期待できます。
 
活性酸素を抑制
コーヒーに含まれるポリフェノールである「クロロゲン酸」には抗酸化作用があり、シミやしわを抑制します。
 
動脈硬化や心臓病の予防
動脈硬化はLDL(悪玉コレステロール)の酸化が原因で起こるのですが、クロロゲン酸の抗酸化作用は、この悪玉コレステロールが酸化するのを防ぎます。それにより、動脈硬化や心血管病を予防する効果が期待できるといわれています。
         
脂肪燃焼効果で嬉しいダイエット効果にも
クロロゲン酸には、脂肪燃焼効果があります。また、カフェインにも脂肪代謝の効果があります。カフェインレスコーヒーであってもクロロゲン酸は含まれるので、同様の効果が期待できます
  

リラックス効果
コーヒーの香りをかぐと、脳からα波(アルファ波)が出ることがわかっています。α波は心身がリラックスしたときに出る物質で、香りだけでなくカフェインにもリラックス効果があることがわかっています。
   
糖尿病や認知症の予防にも
国立国際医療研究センターのJPHC研究では、コーヒーを毎日3~4杯飲む人は、まったく飲まない人に比べて2型糖尿病になるリスクが男性で17%、女性で38%低いと言われています。また、コーヒーは、認知症のうちの約半数を占める「アルツハイマー型認知症」の予防にも効果的だといわれています。

 

ただどんな物でも過剰摂取は禁物です。

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。

適量は個人差がありますが、1日に3、4杯までがベストのようです

過剰摂取の危険性については、以下の農林水産省のホームページをご参照ください

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/hazard_chem/caffeine.html#caffeine%20effectl

 

身体に良い効果も知りつつ、美味しい物も適量に!ですね。

Instagram

Contact

お電話でのお問い合わせはこちら
075-585-5899

定休日/土曜午後・日曜日・祝日
受付時間/9:00〜19:30(土曜は14時まで)