Blogブログ

ご予約

reservationご予約

電話予約
075-585-5899

定休日 /土曜午後・日曜日・祝日
受付時間/9:00〜19:30(土曜は14時まで)

× CLOSE
SNS

産後の骨盤底筋の問題

産後多くの方に、骨盤底筋の機能低下による問題があります

 

産後、多くの方が抱えている問題ですが、骨盤底が緩む緩影響によって起こる尿漏れはなかなか打ち明けにくいことです。

 

そこでまずセルフケアを上手くできるようになるためにも原因をきちんと評価してあげる事をオススメします

まず大きな原因の腰が反ってしまっているかを確認してみましょう

反り腰で多く見受けられる症状として

  • 妊娠後腰の痛みが取れない
  • 腰が反っている姿勢になった自覚がある
  • いつも太ももあたりまでがダル痛くなる
  • お尻の横をパンパン叩きたき張りが出てくる

などがあります

 

じゃあ、どんな『運動』がいいの??

骨盤底筋は、骨盤の傾きや広がりの状態で筋肉の働きが影響を受けます

妊娠中の女性は、お腹の重さで骨盤が前に傾いてしまうため骨盤前傾という反り腰になってしまいその結果、骨盤底筋群が働きにくくなり筋肉の機能が弱くなります

ですから前に傾いた骨盤=反り腰姿勢を改善する、つまり反対になる運動をしていけば良いのです

ただこれにはきちんと(論理的)段階を踏んで改善していく事をオススメします。なぜなら反対の丸める腹筋などををいきなり入れてしまうと腰の関節などに大きな負荷が加わってしまいますので以下の段階を踏んで行っていきます

  • 骨盤を前傾させてしまう要因を改善する
  • その要因が改善出来たら骨盤を戻す運動メニューを取り入れていく
  • そこから内転筋・ハムストリングス(太もも裏)をしっかり刺激する運動
  • お腹(コア)が働く姿勢に戻してあげる

などなどをしていくことで『骨盤底筋』は再びしっかりと働き始めてくれる環境が整っていきます

 

体は良くも悪くも時間の経過と共に順応してしまい、弱った骨盤底筋群での生活が当たり前になってしまったり、反り腰の姿勢が日常どんどん当たり前になり固定化されていきます

それを防ぐ一番のポイントは何よりも『問題を先延ばしにしないこと』です

もちろん忙しい中で時間を作ってお越し頂くなどの現実的問題はあります

そこで、コロナ対応の取り組みとしても事前のご予約制のため、当日に赤ちゃんが泣いたりしても他の方を気にせず元気よく泣いてもらって、呼吸器の大事な成長のための運動をしっかりしてもらっていますのでご安心ください。

またベビーベットもご準備があるので気軽にお使いください(消毒などはしっかり行っています)

早め改善のための運動をオススメしますので、お問い合わせお待ちしております

 

 

やまざき接骨院

+BODY CONDITIONING CARE   LING

 

山崎 裕介

柔道整復師/やまざき接骨院+BODY CONDITIONING CARE LING代表/医療系の国家資格である柔道整復師などの資格取得。卒業後、柔道整復師として整骨院に勤務し10年前に『やまざき接骨院』を独立開業。同時にサッカートレーナーとしてスポーツ現場でも活動。 そこで様々な痛みを抱える方に対し、手技療法や物理療法と運動を組み合わせた治療を行い、身体の歪みやバランス・痛みが出にくい身体づくりの為には、治療と並行して、身体へ正しい運動の習慣と癖付けが重要だと感じ、治療とトレーナーの両立を行う。プロサッカー選手をはじめアマチュアの様々な競技の全国大会クラスや国体選手・海外サッカーチーム所属選手・全国大会出場チームなどをサポート2020年秋に次の挑戦として京都市中京区の御所近くに移転し、やまざき接骨院+BODY CONDITIONING CARE LINGとして身体の問題解決のために治療と身体へ正しい運動を提供する事を、女性をはじめ多くの方に治療+ピラティスや運動療法を取り入れご提供しています。

 

 

 

インスタグラム  

https://www.instagram.com/yuusuke.yamazaki

  https://www.instagram.com/ling_yamazaki

  ホームページ

https://ling-gosho.com/

 

 

Instagram

Contact

お電話でのお問い合わせはこちら
075-585-5899

定休日/土曜午後・日曜日・祝日
受付時間/9:00〜19:30(土曜は14時まで)