Blogブログ

ご予約

reservationご予約

電話予約
075-585-5899

定休日 /土曜午後・日曜日・祝日
受付時間/9:00〜19:30(土曜は14時まで)

× CLOSE
SNS

レストレッグス症候群(むずむず症候群)

レストレッグス症候群とは、あまり聞きなれない疾患名かと思いますが、手足にむずむずとした異常感覚を訴える疾患のことです

とりわけ、足にむずむず感がでることから「むずむず脚症候群(RLS:Restless Leg Symdrom)」

または「下肢静止不能症候群」ともいわれています。

しかし、本疾患の原因は、神経間で見られる伝達機能の障害であるため、足に限らず手や体幹にも起こりうると考えられます。

では、むずむず症候群とは、どんな病気で、見た目では分からないこの病気の特徴などについて、

ご紹介していきたいと思います。

 

むずむず症候群とは?

「むずむず」という言葉にあるように、じっとしていられないような、落ち着かないような症状を有するのがこの疾患です。

具体的なイメージを持っていただくために、下にこの疾患の診断基準を示しておきますので、ご覧ください。

むずむず症候群の診断基準

  1. 脚を動かしたい!!という要求があり、通常その要求が不快な下肢の異常感覚に伴って生じる
  2. 静かに横になっていたり、座っていたりしている状態でいると、むずむずが出現したり強く感じてくる
  3. 歩いたり、足を動かすなどの運動によって改善する
  4. 日中より、夕方や夜間に増強する

むずむず症候群の診断基準はあくまでも患者さんが訴える症状が元であり、

レントゲンや、血液検査などの特別な検査で診断するものでは無いのです

外から見て腫れているとか、赤くなっているとかいうような外観上の変化も無く、
上記の4つの症状を総て満たす場合に「むずむず症候群」であると診断します。

むずむず症候群の症状

むずむず症候群の症状は、診断基準にも示したように、さまざまな症状を訴えるのが特徴的と言えます。

そこで、特徴的な症状を、具体的に挙げていきます。

不快感不快な感じは必ずしも「むずむず」ではなく、皮下に虫が這うような感じであったり、
説明しがたい不快感があったり、あるいは、痛みとして感じることもあります。

また、上肢にも異常な感覚を伴うことがあります。

したがって、むずむず症候群は「むずむず」といった表現以外にも、以下のようないろんな訴え方をする場合があります。

うずく・熱い・火照る・冷たい・冷える・虫が這っているよう・ムズムズする・ピリピリする・痛かゆい・動かさないと気持ちわるなど

 

安静により症状の増悪むずむず症候群は長時間座っていたりすることによる安静などで症状が強く出現します。

安静と言っても、肉体的な安静と、精神的安静の双方があります。

たとえば、じっとしていても、パソコンなどで頭を使って作業などをしていると、気がそれ、肉体的には安静状態ではありますが、
精神的な安静状態ではないため、不快感は軽減するといわれています

 



からだ(手足)を動かすことにより、症状の改善がみられる
不快な感覚を取り除くために、脚を常に動かしたくなったり、もんだり、たたいたり、

歩きまわるなどの行為が症状の軽減につながります。

動かすことで、不快感からは解放されますが、静止すると、また再燃するといったことを繰り返します。

ただ症状が重度になると、このような動作を行っても完全に改善しないこともあります

 

 


日中より、夕方・夜間に症状の増悪が見られる
むずむず症候群は夕方から夜にかけて不快感が出現したり、強くなることが、もっとも特徴的な症状と言えます。

そのため、睡眠の妨げになり、医療機関を受診されることが多く見受けられます。

症状が増悪するピークは真夜中と言われています

 

 

 

むずむず症候群がおこる原因

以下の図は、むずむず症候群が起こる原因を図にしたものです。

その原因は、神経細胞の間で、ドーパミン(神経の情報伝達物質)と、

それをキャッチするレセプター(受容体)のやり取りがうまくいかないことであるとされています

(古東整形外科 患者さんのためのページより引用)

正常な場合は、情報を送る側の神経からドーパミンが放出され、
情報を受け取る側の神経のレセプターでキャッチし、
情報を伝達を行います。

むずむず症候群の場合は、情報を送る側の神経から放出されたドーパミンが情報を受け取る側の神経のレセプターでうまくキャッチできずに情報の伝達がうまくいきません。

こういったむずむず症候群を改善するための治療は、ドーパミンをキャッチするために

レセプターを活性化させる事を目的とした投薬治療が主なものとなります。

このように、投薬を行う事で、神経細胞間での情報伝達が活性化され、
不快感やむずむずするといった状態は改善します。

夜間にむずむず感が増悪したり、

じっとしていられないなどといった症状と、
診断基準を照らし合わせたところ、上記の項目に該当した場合
むずむず症候群であると診断されます

そしてむずむず症候群に対して、投薬治療を行うと、むずむず感は軽快し、睡眠も可能となります。 

むずむず症候群は、はっきりと目に見えてわかる疾患ではないので、わかりにくい疾患です。

足に限らず背中や手にもむずむずした症状がみられ、

その訴えをキャッチすることで、この疾患であることが確認できます。

原因がわからず、むずむずするということで、お困りの方がいらっしゃれば、
このページを見て、ご自身の症状と照らし合わせ合致する場合は

対処方法や、何科へ受信すればいいの??のサポートも行いますので、ご相談ください

・・・・・・・・身体の変化が楽しくなるサポートを・・・・・・・

やまざき接骨院

+BODY CONDITIONING CARE   LING

山崎 裕介

柔道整復師/やまざき接骨院+BODY CONDITIONING CARE LING代表/医療系の国家資格である柔道整復師などの資格取得。卒業後、柔道整復師として整骨院に勤務し10年前に『やまざき接骨院』を独立開業。同時にサッカートレーナーとしてスポーツ現場でも活動。 そこで様々な痛みを抱える方に対し、手技療法や物理療法と運動を組み合わせた治療を行い、身体の歪みやバランス・痛みが出にくい身体づくりの為には、治療と並行して、身体へ正しい運動の習慣と癖付けが重要だと感じ、治療とトレーナーの両立を行う。プロサッカー選手をはじめアマチュアの様々な競技の全国大会クラスや国体選手・海外サッカーチーム所属選手・全国大会出場チームなどをサポート2020年秋に次の挑戦として京都市中京区の御所近くに移転し、やまざき接骨院+BODY CONDITIONING CARE LINGとして身体の問題解決のために治療と身体へ正しい運動を提供する事を、女性をはじめ多くの方に治療+ピラティスや運動療法を取り入れご提供しています。

インスタグラム  

https://www.instagram.com/yuusuke.yamazaki

  https://www.instagram.com/ling_yamazaki

  ホームページ

https://ling-gosho.com/

 

Instagram

Contact

お電話でのお問い合わせはこちら
075-585-5899

定休日/土曜午後・日曜日・祝日
受付時間/9:00〜19:30(土曜は14時まで)